昨日はゆったりとした時間のなかで、
修善寺の戦利品たちをみなさまにご堪能いただきました。

原木栽培のしいたけは肉厚でジューシー。
ひらたけといっしょにきのこの天ぷらに。
戸田漁港揚がりのメヒカリは頭からしっぽまで食べられる唐揚げに。

天城の鹿肉は野趣あふれるローストビーフ仕立てに。
修善寺ではもう菜の花が出ていて、やわらかな葉っぱをつかって
白胡麻ペーストなどと一緒に菜の花ソースにしました。
ローストビーフにつけて食べていただきました。

昨日は女性のお客様が4人でにぎやかに女子会。
やっぱり女性のお客様が多いとお店がパッと華やぎますね〜。

それから師匠と仰いでいる荒木町の和食やさん「やくみや」の
お二人も来ていただき、感動MAX!!(笑)
さいしょにお出ししたつきだしの「里芋と生こんにゃくのうす煮 」に
「いい塩梅だねえ」と言っていただき、すごく嬉しかったです。
料理は「組み合わせ」と「塩梅」だと思っているので、
そこをご指摘いただけるなんて、光栄でした。

前回も告知させていただきましたが、本日放送の「ソロモン流」に
どよう酒場がちらりと登場いたします。
賢人はパーソナルトレーナーの中野ジェームズ修一さんです。
21時54分からの放送です。よろしければご覧くださいませ。

番組の関係者の方が1カ月ほど前に下見でお店にいらしていただき、
それから何度もご来店いただいています。毎回、目を輝かせながら
「美味しいですね」「これは何ですか?」と好奇心たっぷりに
召し上がっていただいています。それが嬉しくてうれしくて。
「編集者冥利に尽きる」という瞬間はこれまでになんども味わってきましたが、
「料理人冥利に尽きる」という体験は初めてです。
毎週土曜日、お店に立ちながら、ごはんを食べてもらいながら、
いつも「冥利に尽きるなあ」と思いながら胸を熱くしています。

昨日も今日も、毎日、感謝感謝の「どよう酒場」なのでした。

次回は12月4日(土)の営業です。

年の瀬の忘年会、パーティーシーズン。
通常より華やいだメニューをご用意しようと計画中です。
伊豆の伊勢海老とかアワビとか、天城の鹿肉・猪肉など 。
改めてご案内させていただきますのでよろしくお願いいたします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新宿御苑前 伊豆のうまいもんと酒 【どよう酒場】

東京都新宿区新宿1-30-4(「豆太」内)

丸ノ内線「新宿御苑前」2番出口より徒歩3分

[googlemap lat=”35.689917″ lng=”139.71278″ align=”center” width=”450px” height=”250px” zoom=”15″ type=”G_NORMAL_MAP”]東京都新宿区新宿1丁目30−4[/googlemap]