こんにちは。
13日もたくさんの方が集い、にぎやかなどよう酒場となりました!
ご来店いただいたみなさま、ありがとうございました。

友人・知人が中心だったどよう酒場ですが、
この日、嬉しいお客様がご来店くださいました。
開店まもなくの時間に、「ひとりですが」と言って暖簾をくぐってくださったお客様。
ネットを検索して、この店にたどりついたそうです。
インターネット、ありがとう!!(笑)
サイトをつくってくださったBさん、激感謝!

どきどきでしたが、ほかのお客様との会話もはずみ、
なごやかに、楽しそうな宴がつづきました。

ご提供したすべてのお料理を、葉っぱ一枚も残さずにきれいに食べてくださり
お皿を下げるたびに、感動しておりました。
これはどのお客様に対してもお伝えしたいことですが、
とてもきれいにいつも召し上がってくださり、本当に嬉しく思っております。

仕事の大先輩のDさんはご家族でのご来店。
親子でお酒を飲む姿って、ほほえましいですね。
父親を亡くしているので、ちょっとうらやましくなりました。
息子さんの自分の仕事に対する一本気な姿勢、 ステキだなと思いました。

いろいろなお客様と、少しずつ会話をする余裕もできてきて
飲食の仕事をしたいと想った最初の動機、「ダイレクトコミュニケーション 」の
醍醐味を徐々に味わえております。
本をつくるのと違って、お客様の反応がダイレクトな分、
恐くもあるのですが、でもやっぱり自分の仕事が目の前で評価される(よくもわるくも)のは
シンプルで、自分は好きなスタイルだなあと思っております。

お料理の話を少し。
この日は、伊豆からサザエを仕入れ、コースに土鍋の炊き込みごはんを組み込みました。
ストレートなサザエごはんも十分おいしいのですが、ここは少しアレンジを加えて。
お米は伊豆の新米を。しっかりとった出汁に白醤油とお酒で味をつけ、
ぬるま湯で戻したドライトマトをもどし汁といっしょに炊き込みました。
仕上げの5分ぐらい前に、やわらかく煮たサザエをたっぷり加えて出来上がり。
コースの〆め、いや〆めないごはんにお出ししました。
ドライトマトの滋味とサザエの磯の香りと歯ごたえがマッチして、
これがなかなかナイスな組み合わせなんですよ。

そのほか、伊豆で揚がった平政と、伊豆の天然クレソン(めちゃくちゃ濃くて美味しい!)を
ごま油醤油で和えた一品も自分のなかでヒット。スーパーで見かけるクレソンと同じものとは
思えない香りと苦みです。

伊豆のおいしい食材と生産者のみなさんに感謝しつつ、
どんなふうにお客様に味わってもらうか、考えている時間がまた楽しい時間。

お酒の話も少し。
この日からレギュラー銘酒として加えさせていただいた熊澤酒造さんの「天青」
自分が外で呑むときにすごく好きなお酒で、どこかで仕入れられないかなあと探していたところ
お客様からご紹介していただき、厚木の熱い酒屋さん、
望月商店さんから仕入れさせていただくことができました。
天青の朝しぼりも来月は分けてもらえるかも! なのでまたご案内いたしますね。
相模灘も大好きなお酒ですが、天青も和食に寄り添うきれいな味わい。
神奈川県のお酒は探すと、ほかにも美味しい蔵元さんがありそうです。

最後に次回の営業のお知らせを。

今週末の20日は研修ツアーのため、
翌週月曜の22日に振り替え営業となりますのでご注意ください。
祝前日ですので、気持ちよく呑んで食べてリラックスしていってくださいませ〜。