9日の日本酒

著者と打ち合わせの帰りに、四谷鈴伝へ。
番頭さんにお声掛けをして、新しい酒の仕入れの相談。

空気がひんやりしてきたので、常温から燗につけて美味しい逸品を選んでいただく。

今回仕入れたのは、広島の「天寶一 中汲み 純米酒 千本錦」。

前回仕入れた「秋あがり」の独特の旨みに感動し、お客さまにじゃんじゃんすすめていたら、

すぐに売り切れ。番頭さんのブログを見たら、完売だって!いいお酒を勧めていただいたなあ。

てことで今回は同じ天寶一でも、千本錦という酒米で醸した純米を選んできました。

それから福井の常山。辛口を希望されるお客様も多いことからのチョイス。

初回にも勧めていただいたのを覚えているので、番頭さんイチオシと見た!

冷やでも燗でも美味しい食中酒だそう。福井は魚もおいしいから、きっとうちでお出しする魚たちにも合うだろうな〜


Posted on 2010/10/06

Comments

No Comments

Leave a reply

Name *

Mail *

Website